「家事初心者必見」汚れの種類でわかる失敗しない洗剤の選び方

生活をちょっと楽にする家事テク

こめ田ぱすた@komeda_pastaです。

 

水回りの掃除をする際、油まみれのコンロや水アカだらけの蛇口をみて

「この汚れはどうすれば落ちるんだっけ…」

と悩んで手が止まってしまうことはありませんか?

僕は未だに掃除をしようとした際に「あれ?」と迷うことがあります。

この記事では、「汚れの種類でわかる失敗しない洗剤の選び方」をまとめました。

汚れの性質を知ることで、適切な洗剤がわかるので、汚れが驚くほど落ちるんです。掃除がちょっとだけ楽しくなりますよ。

 

汚れは3種類に分類

 

洗剤も汚れも、大きく分けるとアルカリ性、中性、酸性の3種類に分類されます。PH値が酸性であれば高いほど、アルカリ性であれば低いほど汚れを落とす力が強くなります。

 

逆の性質を持った洗剤を使おう

 

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使用するのか基本です。

汚れを落とすにはまず、落としたい汚れがどんな性質の汚れなのかを調べ、適切な洗剤を使用しなければなりません。

 

酸性の汚れアルカリ性の洗剤が効果的

酸性の汚れは主に油なのでギトギトとした汚れが特徴です。

 

[主な汚れ]
  • しつこい油汚れ
  • コゲつき
  • 皮脂、手アカ
  • 血液

ギトギトとした汚れにはアルカリ性の洗剤を使用しましょう。

 

中性の汚れ中性洗剤が効果的

中性の汚れは主にヌルヌルとした汚れ、軽めの汚れが特徴です。

 

[主な汚れ]

  • ホコリ
  • ヌメリ

 

ヌルヌルとした汚れ、軽めの汚れには中性の洗剤を使用しましょう。

 

アルカリ性の汚れ酸性の洗剤が効果的

アルカリ性の汚れは主にこすっても落ちない汚れが特徴です。

 

[主な汚れ]
  • 水アカ
  • 尿汚れ、尿石
  • せっけんカス
  • カルキ

こすっても落ちない汚れには、酸性の洗剤を使用しましょう。

酸性洗剤と塩素系洗剤は「絶対に混ぜないで!」

酸性洗剤と塩素系洗剤が混ざると、有毒なガスが発生するので大変危険です

各種洗剤の説明文にも注意事項が書いてあるので、使用前に必ず確認をしてください。

 

酸性やアルカリ性の洗剤を使用する場合は必ずゴム手袋を!

酸性やアルカリ性の洗剤は汚れを落とす力が強い分、肌あれの原因となってしまいます。

「少し掃除するだけだから」

と油断せずにゴム手袋を使用してくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です